プードルが安い~!

もう一度本を読み返して出直そうと思います。(まあ!その頃には隕石の軌道さえ変えてしまう術を開発してしまうかも知れませんが)後戻りできない人間は地上の楽園を増やしていくしかありません。これでは神がいるとすれば人類に嫉妬し!激怒して隕石でもぶつけるのではないでしょうか。

コチラです!

2017年01月21日 ランキング上位商品↑

プードルはじめてのトイ・プードル [ 加藤元 ]

詳しくはこちら
 b y 楽 天

双頭の鷲の起源は超古代まで遡り、魔王の象徴で拝金主義や狡猾、と言うものを表しているとの説がありました。悪魔に支配され滅ぶのではなく!魔王さえ配下において繁栄する人類は!歴史的な罰を受けてもまだ進化しています。私はバカにされているみたいで、何も言う事を聞いてくれません。古代には金運を掌る双頭の鷲を、今は経済と言う檻の中に囲い、ベルトから鎖で逃げないように縛り付け金運を操りペット化しているように見えます。ペットを飼う事になりました。床が今ひとつ気に入らなかったせいもあってかどうか知りませんが!プードルを飼うそうです。人類はこの金運の魔王達でさえペット化し繁栄し進化し続けているのではないか。主人が本の通りにやると!少しづつですが!進歩している気がします。。このペットとは古代から既に人類と共に歩んできて!できの良い子は御主人様の身代わりとなり!たちの悪い病気から守ってくれるお話は良く聞いた事があります。実はハプスブルクの鷲の紋章で動物に強い興味を持ったのですが!この先のお話はほぼ御伽話に近く長いので興味の無い人は読まない方がいいです。で、考えるならあくまでそれは、超古代の話でそんな事を言ったらユダヤの神以外は皆魔王になってしまうので現代的な考えで言えば、誰もそんなモノを拝んでいないし国旗にはなっているが唯の旗であり、国旗に向かってお祈りしたり、拝んだりしたりしてる訳ではないでしょう。写真が豊富で初心者にもわかりやすい内容でした。で魚のベタの件もあったので(過去に)今度は心の準備も含めてこれを買いました。